糖尿病・内分泌内科

このページを印刷する

診療実績

平成28(2016)年度の糖尿病教育入院患者数は189人でした。初めて糖尿病と診断された人,経口血糖降下薬を内服しているがコントロールが不良な人,インスリン治療を行っているがコントロールが不良な人,糖尿病合併症が進行してきた人などが主な対象となります。

食事療法と運動療法でコントロール困難な場合は,病態に応じた経口血糖降下薬を投与して血糖コントロールを行います。複数の経口血糖降下薬でコントロール困難な場合は,インスリンを導入して血糖コントロールを行います。必要に応じてインスリン自己注射指導や血糖自己測定指導を行います。SGLT-2阻害薬やGLP-1受容体作動薬も積極的に使用しています。

平成28(2016)年度に糖尿病教育入院を契機として発見された癌患者数は7人でした(大腸がん4人,膵臓がん2人,乳がん1人)。糖尿病患者さんが感染症などを合併して血糖コントロールが悪化した場合には,インスリンで血糖コントロールを行うとともに全身管理も行います。平成28(2016)年度に糖尿病ケトアシド-シスで入院した患者さんは10人でした。

平成28(2016)年度に当科入院した主な内分泌疾患はバセドウ病,甲状腺機能亢進症,副腎腫瘍,甲状腺クリーゼ,ACTH単独欠損症,褐色細胞腫などでした。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分