このページを印刷する

土井 美帆子どい みほこ

部長

専門

臨床腫瘍科
乳腺・胸部悪性腫瘍の化学療法

資格・その他

日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医

性腺外胚細胞腫瘍の治療

性腺外胚細胞腫瘍は,縦隔,後腹膜,仙骨尾,頭蓋内などの性腺以外の体の中心線上に発生する胚細胞腫瘍です。全胚細胞腫瘍の約2~5%を占めるまれな疾患で,縦隔および後腹膜原発は主に20~30歳代の青年期に,仙骨尾および頭蓋内原発は小児期に発症します。縦隔原発の場合は,呼吸困難,胸痛,咳など,後腹膜原発の場合は,腹痛,背部痛などがみられることがありますが,無症状で検診により異常を指摘される場合も多くみられます。血液検査では,AFP,β-HCG,LDHがマーカーとなります。組織型,発生部位,肺以外への転移の有無,腫瘍マーカーの上昇の程度により予後が異なります。組織学的にセミノーマ,非セミノーマに分類されますが,性腺外原発非セミノーマは予後不良(5生率48%)で治療抵抗性となる場合が多く,専門的なマネージメントが必要です。しかし,適切な集学的アプローチ(多剤併用化学療法,外科的切除)を行うことで完治が目指せる疾患です。