このページを印刷する

福田 秀樹ふくだ ひでき

主任部長

専門

麻酔科

資格・その他

麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医

周術期チーム医療

手術医療受ける患者の安全を守ることが麻酔科医の最大の役割です。手術症例の増加や手術医療の高度化,重症患者の増加を背景に,周術期の患者の安全を確保することは細心の注意が必要となります。

実践のためには手術担当の診療科のみならず,看護師,臨床工学技士,薬剤師,管理栄養士,歯科衛生士そして麻酔科医などの多職種の医療スタッフがチームとして周術期管理を実践していかなければなりません。麻酔科医はその要を担う立場の診療科です。

患者が安心して手術医療を安全に受けることができるように,術中は勿論,術前から術後管理に至るまで周術期診療を提供していきたいと考えております。