このページを印刷する

郷力 昭宏ごうりき あきひろ

部長

専門

泌尿器科
泌尿器科一般

資格・その他

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本内視鏡学会及び日本泌尿器内視鏡学会認定泌尿器腹腔鏡技術認定医

泌尿器疾患に対する外科治療

泌尿器科は腎臓や尿管,膀胱,尿道といった尿の通り道,及び男性生殖器(精巣,陰茎,精巣など)の悪性腫瘍だけではなく,良性疾患や急性,慢性疾患を扱う外科です。昨今の社会の高齢化に伴って,頻尿や尿失禁,排尿困難などの排尿に関する症状や,前立腺がん,膀胱がんなどの疾患が非常に増加しており,近年その重要性が増してきている科の一つです。

当科では血液検査や各種画像診断,内視鏡検査など,幅広い検査を行うことによりがんの早期発見,正確な診断,早期治療に力を入れるとともに,より低侵襲な治療を目指して腎がん,前立腺がん,膀胱がんなどに対する内視鏡手術を導入しております。これにより,術中術後の合併症や疼痛の軽減,術後の早期回復が期待できます。前立腺がんに対しては密封小線源治療も行っており,1つの疾患に対して複数の治療選択肢をご提示することが可能であり,より患者さんのニーズに合わせた治療を行うことができます。尿路結石に対しては対外衝撃波による破砕はもとより,ファイバースコープを用いた経尿道的治療も可能です。レーザー砕石装置も導入しており,より低侵襲で短期間での効果的な治療を行うことができます。

また,この高齢化社会においては色々な他の疾患をお持ちの患者さんの治療を行うことも少なくないですが,当院が総合病院であることの強みを生かして各科の専門の先生方と協力し,安全に治療を行うことができます。