このページを印刷する

原 鐵晃はら てつあき

主任部長

専門

生殖医療科
生殖医学・生殖遺伝学

資格・その他

日本産科婦人科学会専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
母体保護法指定医
広島大学医学部臨床教授

不妊症に対する体外受精・胚移植と内視鏡下手術について

不妊症の診療は,技術的には体外受精・胚移植と生殖外科手術が車の両輪にあたります。体外受精・胚移植は,卵巣刺激などの一般不妊治療と比較して格段に妊娠率が高く,現在の不妊症治療の根幹をなしています。簡単に言えば卵子と精子を体外に取り出して受精させ,数日後,細胞分裂を始めた胚を子宮に移植する技術です。生殖外科というのは耳慣れない言葉だと思いますが,不妊や不育の原因となっている子宮筋腫,卵管周囲癒着,内膜ポリープ,子宮内癒着,子宮奇形,卵管閉塞などに対する手術を意味し,腹腔鏡,子宮鏡,卵管鏡を用いた内視鏡下手術が中心となります。ただ,体外受精・胚移植か,手術療法か,という二者択一ではなく,患者さんの年齢と病態によって,両者をうまく組み合わせることができた時に初めて最大の治療効果が期待できます。当科は,体外受精と生殖外科手術のいずれにも,専門医が対応できる全国でも数少ない施設のひとつです。