このページを印刷する

東山 真ひがしやま まこと

部長

専門

内視鏡内科
消化管癌の内視鏡治療

資格・その他

日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会暫定専門医・暫定指導医
臨床研修指導医養成講習会修了

消化管悪性腫瘍について

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ),大腸内視鏡検査を用いた消化管悪性腫瘍に対する内視鏡診断,治療を専門としています。  通常の白色光観察に加えて,色素内視鏡・画像強調観察・拡大内視鏡・超音波内視鏡などを使用し,早期での病変発見や病変の正確な範囲・深達度診断を行い,最適な治療方針を決定します。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行うことで,内視鏡的粘膜切除術(EMR)では切除出来ない大きな病変や潰瘍瘢痕を伴うような病変でも一括で切除可能となり,正確な病理評価ができるようになりました。食道・胃・大腸の早期癌に対して保険適応に認定されており,適応病変に対して積極的に治療を行っていきます。