このページを印刷する

亀井 豪器かめい ごうき

部長

専門

整形外科
膝関節外科

資格・その他

日本整形外科学会認定整形外科専門医
臨床研修指導医

変形性膝関節症

関節を保護している軟骨は血流がないため,一旦損傷すると治癒することはなく徐々に範囲が広がり,関節の変形・疼痛を生じてきます。初期の軟骨損傷で疼痛が改善しない患者さんには関節鏡下骨穿孔術・骨軟骨柱移植術を行います。変形が進行してきた場合は,患者さんの年齢などの状況を考慮し,骨切り術・人工膝関節置換術を施行します。

スポーツ外傷(前十字靭帯損傷など)

サッカー,バスケットボール,バレーボールなどで生じることが多く,急激な方向転換やジャンプ着地時などに膝を捻挫した際に生じます。前十字靭帯は一度損傷すると自然治癒することはなく,日常生活・スポーツ活動中に膝くずれを生じ,放置すると将来的に変形性膝関節症を生じます。そのため,前十字靭帯再建を行うことが一般的な治療になっています。方法は様々ありますが,当院では関節鏡下に同側のハムストリング腱を用いて再建しています。