このページを印刷する

北本 幹也きたもと みきや

部長

専門

消化器内科
肝癌・抗ウイルス治療

資格・その他

日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓病学会認定医・指導医
広島大学医学部臨床教授
臨床研修指導医養成講習会修了

肝癌の早期発見

北本部長は,月曜日から金曜日まで連日,肝疾患の専門外来を担当しています。肝癌の治療はラジオ波熱凝固,肝動脈塞栓術,定位放射線治療,外科切除治療など各個人の病態に応じたオーダーメイド治療を推進し,当院の肝癌治療成績は飛躍的に向上しています。またB型肝炎に対しては核酸アナログ剤を使用し,肝機能の温存・長期生存を達成しています。C型肝炎に対する治療法の進歩は目覚ましく,ウイルスの増殖を直接抑制する薬剤(DAA:Direct-Acting-Antivirals)が開発・認可されています。現在では,genotype1b例ではインターフェロンを使用しない内服治療を主に行っており,外来で容易に継続可能となっています。新規のDAA治療の開発により,副作用が少なくなりウイルス排除率は100%に近づくことが期待されており,今後も経口剤を含めて新しい抗ウイルス治療に対応していきます。