このページを印刷する

前田 修作まえだ しゅうさく

部長

専門

内分泌内科
糖尿病

資格・その他

日本内科学会総合内科専門医
糖尿病学会専門医
糖尿病学会研修指導医

糖尿病の薬物療法について

ここ最近の糖尿病治療薬の進歩はめざましいものがあり,多くの治療薬が上市されています。医師,患者さんにとって多くの選択肢ができたことは良いことですが,選択肢が増えたぶん,どの治療薬が患者さんに適しているかの判断が難しくなっているともいえます。患者さん一人一人は糖尿病の原因,病歴,仕事,合併症の有無やその程度が同じではありません。個々に適した治療法を選択するため患者さんの社会的な背景を踏まえ,病態に応じた最も適切な医療を提供していきたいと考えております。インスリンと内服薬を組み合わせたBOT治療(Basal supported oral therapy),GLP-1受容体作動薬やSGLT2阻害薬など専門的な治療が可能です。また,他診療科との連携を密にして,糖尿病合併症の予防管理に努めていきたいと思っています。