このページを印刷する

三好 博史みよし ひろし

主任部長

専門

婦人科
周産期

資格・その他

日本産科婦人科学会認定医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医
日本周産期・新生児医学会周産期新生児蘇生法インストラクター

ハイリスク妊産婦の周産期管理

当院は県内2カ所ある総合周産期母子医療センターのひとつで,ハイリスク妊産婦の周産期管理を担っています。ハイリスク妊娠とは,切迫早産,妊娠高血圧症候群などの産科合併症,多胎妊娠,胎児発育不全など児の異常,母体の糖尿病などの合併症妊娠の症例を言います。

私の専門分野は周産期医学で,特に早産の予防・治療を中心に臨床のみならず研究もしてきました。新生児の予後に最も影響するのは在胎週数ですが,医療の進歩にもかかわらず早産は増加傾向にあります。早産の原因は様々ですが,何らかの炎症が誘因となっていることが分かってきており,予防・診断・治療に応用されつつあります。一方,在胎期間は伸ばせばよいのではなく,妊娠高血圧症候群の合併や多胎妊娠,胎児発育不全など胎児・母体の状態を厳重に観察しながら慎重に出産の時期を決定しています。

また,妊産婦の年齢上昇により,子宮筋腫や悪性腫瘍などの婦人科疾患の合併だけではなく,糖尿病や高血圧を合併した妊産婦も増加してきています。合併症妊娠は他科との先生方との連携が重要で総合病院での周産期管理が望ましいと推奨されています。