このページを印刷する

延藤 博朗のぶとう ひろお

部長

専門

整形外科
骨・軟部腫瘍

資格・その他

日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医

骨軟部腫瘍の治療について

骨軟部腫瘍とは骨組織や筋肉や脂肪などの軟部組織に生じた腫瘍を総称した名称です。発生率が低く種類も多いため,不適切な生検や切除により,患者に不利益をもたらす結果が生じる場合があります。実際の腫瘍では,悪性か良性かの診断は必ずしも容易ではなく,画像診断に加え,病理学的診断が必要となってきます。小さな悪性腫瘍の場合,良性の診断にて単純切除を行うことにより周囲へ腫瘍が散らばり,その後の治療を大変困難にします。「最初に正しい診断と治療を行なうこと」が最も重要であり,近年では診断や治療は専門的な施設で集学的に行われる傾向にあります。

良性軟部腫瘍では,増大,外観や臨床症状を元に手術適応を決め,骨腫瘍の場合,骨折が危惧され多くの場合手術適応となります。軟部悪性腫瘍と診断されれば広範切除(根治手術)を行い,中等度~高悪性の場合化学療法を考慮します。骨悪性腫瘍の場合,術前・後化学療法および広範切除を行います。