このページを印刷する

沖本 聡志おきもと さとし

部長

専門

眼科
斜視弱視・小児眼科・白内障

資格・その他

日本眼科学会専門医

斜視弱視診療,小児眼科

4月より県立広島病院に赴任となりました。眼科一般診療の他に,専門分野として斜視弱視外来を広島大学病院で6年間担当してきました。この分野に関しての臨床経験を積むため,症例数の多い兵庫県立こども病院眼科に1年間ほど国内留学してきました。斜視では小児の調節性内斜視,間歇性外斜視が大半を占めますが,その他にも上下斜視や下斜筋過動症,交代性上斜位といったタイプもあります。また,成人では加齢などによる融像能の低下に伴い顕性化した斜視,また特殊型として麻痺性斜視など非共同性斜視の診療を行ってきました。