このページを印刷する

迫口 哲彦さこぐち てつひこ

部長

専門

脳神経外科
神経内視鏡治療・間脳下垂体腫瘍

資格・その他

日本脳神経外科学会専門医・指導医
神経内視鏡学会技術認定医

神経内視鏡手術について

脳神経外科での手術の多くは顕微鏡下に行われますが,近年内視鏡も応用されるようになっています。内視鏡の特性から,病変により低侵襲で到達できること,深部で死角を補う広い術野が得られるため安全な手術が行えることが特徴です。神経内視鏡手術は,主に下垂体腫瘍や脳室内腫瘍,嚢胞性疾患,脳内出血などに対し行われますが,脳動脈瘤クリッピングや神経血管減圧術,脳腫瘍の手術などで顕微鏡の死角を補うために用いられることもあります。

神経内視鏡は硬性鏡と軟性鏡の2種類がありますが,県立広島病院脳神経外科では両者ともに最高画質のシステムを整え,より低侵襲・安全で効果的な治療のために内視鏡を積極的に活用しています。