褥瘡対策チーム

このページを印刷する

褥瘡部の処置方法

準備するもの

●洗浄用ボトル

●38℃程度の微温湯または生理食塩水

●弱酸性の清浄剤

●ディスポ手袋,エプロン

●拭き取り用ガーゼ

●外用薬

●ドレッシング剤またはガーゼ

●固定テープ

●創評価のためのカメラ

●メジャー

手順1

褥瘡ケアの基本は洗浄です。

お湯の温度はひと肌程度に温めましょう。冷たすぎると血管が収縮し,創面の血流を阻害します。また,熱すぎると組織を損傷させてしまい,傷の治りが悪くなることがあります。

褥瘡の周囲の皮膚は脆くなっているため,低刺激で肌と同じpHである弱酸性洗浄剤の使用をおすすめします。

手順2

洗浄剤をいきなりつけるのではなく,まずはお湯をかけて皮膚をなじませましょう。

創周囲には浸出液だけでなく,薬剤やテープなどの粘着剤,排泄物や汗などの汚れがついています。創周囲の皮膚を洗浄することで,創内の細菌数を減少させることができます。

皮膚の汚れを微温湯で流す。

 

手順3

しっかり泡立てた洗浄剤で擦らないように指の腹を使って,創周囲の皮膚をやさしく洗いましょう。

弾力性のある泡は洗い落ち・すすぎ落ちがよくなります。クッション効果があるので,摩擦をかけずに洗うことができます。最近は弱酸性で泡タイプの商品が販売されていますので,効率的に行いたい場合におすすめします。

創周囲に泡をのせ,やさしく洗う。

手順4

壊死(死んだ組織)やポケットがある場合は,創内も洗浄して構いません。薬剤や汚水がポケット内に残ると感染の原因となりますので,しっかり洗浄しましょう。

良性肉芽(牛肉色の組織)の場合は,無理に擦ってしまうと組織を損傷させ,出血を起こしたり治癒を阻害させてしまうので注意しましょう。

壊死組織やポケットがある場合,適度な水圧をかけながら洗浄する。

手順5

石けん成分が皮膚に残ると,新たな皮膚障害を起こしやすくなります。十分なお湯でしっかり洗い流しましょう。

十分な量の微温湯で洗い流す。

手順6

皮膚に水気が残らないように拭き取りましょう。その時,擦らないように優しく押し拭きしましょう。

特に臀部など二面が接触する部分は,蒸れやすいため忘れずに拭き取りましょう。

水分を押さえて拭き取る。

薬剤を使われている方

創の大きさに合わせて十分な厚さの量をつけましょう。なるべく創周囲の皮膚にはつけないように注意しましょう。

軟膏をつけたあとはガーゼやパッドをあてます。ずれやすい場合や排泄物が傷につきやすい場合はテープで固定しておきましょう。

外用剤の付け方

●創面の大きさに応じて適量を塗布する。

●ガーゼなどにのばして貼付するか,または患部に直接塗布する。

●創面を覆うのに必要なかつ十分な厚さ(約2~3mm)に直接に塗布する。または,ガーゼに同様の厚さにのばし貼付する。

●細胞毒性のある外用剤は健常皮膚につかないように注意する。

滲出液をコントロール

創を乾燥させない

ドレッシング材を使われている方

創周囲2~3cm覆う大きさにカットして貼付してください。貼付した日付をかいておくと交換日を忘れずにすみます。

ゲルがあふれる前に交換し,1週間以上は貼らないようにしましょう。

ずれたり汚染などあれば交換しましょう。ずれやすい場合や排泄物が傷につきやすい場合はテープで固定しておきましょう。

ドレッシング剤の貼り方

●サイズ
創周囲に健常部を2~3cm覆う大きさが必要。
●交換時期
ゲルが漏れる前に交換する。滲出液が少なければ交換頻度を伸ばしても良いが,7日以上は連用しない。

カットして貼る

ひし形貼りをする

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分