乳がん

このページを印刷する

乳房再建

「乳がん」の広がりが広範囲であったり,多発しているなどの理由で乳房部分切除術が出来ない場合に,条件がそろえば患者さんのご希望に合わせて乳房再建を行います。当院では形成外科専門医が常勤し,乳腺外科と協力体制をとっています。乳がん手術と同時に行う同時再建(一次乳房再建)や乳がん手術後の方に対する二次乳房再建も受けることが出来ます。再建方法はご自身のお腹や背中の自家組織を移動して乳房を再建する方法と,シリコン製人工乳房(シリコンインプラント)を用いる方法の2通りがあります。

(1)自家組織を用いた乳房再建

ご自身の皮膚・皮下脂肪・筋肉を使って乳房を再建する方法です。手術がほぼ一度で済むこと,一度治ってなじんでしまえば元々ご自分の身体ですので,ある程度自然な乳房になることが特徴です。

① 腹部の組織を使った乳房再建

お腹の腹直筋という筋肉上の皮膚・皮下脂肪を移動する方法で,大きめの乳房再建に用いられます。腹直筋を一部採取する有茎腹直筋皮弁,腹直筋を全て温存した遊離深下腹壁穿通枝皮弁(DIEP flap/ディープフラップ),および有茎腹直筋に血管吻合を追加して生着領域を拡大する方法など,状況により使い分けます。

②背中の組織を使った乳房再建

背中の広背筋という筋肉上の皮膚・皮下脂肪を移動する方法で,やや小ぶりの乳房再建に用いられます。

(2)人工物を用いた乳房再建

2013年から保険認可となり,費用面の負担が大幅に少なくなりました。

組織拡張器(ティッシュ・エキスパンダー)というシリコン製の風船を手術の傷から胸に入れ,これを膨らませて皮膚を伸ばし,半年後に人工乳房に置き換えるといった2段階の手術が一般的です。

自家組織と異なり,身体の健康な部分にメスを入れないので負担が少なくて済みます。一方で身体に入れた後は被膜拘縮(人工乳房周囲に硬い膜が出来ること)や感染や破損の可能性があり,定期的な受診・検査が必要です。また形や質感には,ある程度の妥協も必要となります。

(3)乳輪乳頭の再建

乳がんの切除によって乳輪乳頭を失ってしまわれた方の再建も行います。シリコン製の人工乳輪乳頭もありますが,手術によって形成することも可能です。

形成外科外来は,月・火・木に行っています

乳がん手術の時に同時再建を行う場合には,乳腺外科の主治医を通してご紹介していただいています。手術までの時間が限られていることが多いのですが,出来るだけ時間を掛けて丁寧に説明を行っております。今では様々な再建方法が選択できるようになり,それぞれに特徴があります。また患者さんによって向き・不向きもあります。一度にすべて決めるのではなく,納得できるまでよく考えることが大事です。手術後の二次再建の方で,当院以外で手術を受けられた方は,乳腺外科医の主治医に紹介状をご用意いただいております。

また乳房再建以外にも,乳がん手術後のきずあと,ケロイドやひきつれ,リンパ浮腫の相談・治療も行っています。(≫≫リンパ浮腫ケア外来の項目参照

当院では女性の形成外科医師もおりますので,ご希望の方はお申し付けください。

≫≫形成外科のページ

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分