成育医療コース

このページを印刷する

プログラム責任者

三好 博史(婦人科主任部長)  産婦人科専門医コース

神野 和彦(小児科主任部長)  小児科専門医コース

大津 一弘(小児外科主任部長)  小児外科専門医コース

プログラムの目的・特色

成育医療とは,人が胎児に始まって,新生児,乳児,幼児,学童,思春期,成人に成長・発達し,次の世代をはぐくむ過程を,総合的かつ継続的に診る医療です。

当院では,成育医療センターが平成21年3月に設置され,安心して子供を産み育てるための高度専門医療を提供するとともに,成育医療の将来の担い手を育成することを目指しています。

成育医療コースは,産婦人科専門医・小児科専門医・小児外科専門医の3コースに分かれており,後期研修の3年間で成育医療の基本的な診断・治療能力を身につけることを目的とします。

到達目標,研修概要

(1)産婦人科専門医コース

【到達目標】

日本産科婦人科学会専門医の取得に必要な知識および技能を研修することを目的とします。女性の一生に関わる成育医療の研修で,その範囲は妊娠・分娩という周産期領域,子宮癌や卵巣癌などの婦人科腫瘍領域,思春期・更年期などの全世代の女性のQOL向上を目指したヘルスケア領域,体外受精などの不妊生殖補助医療などの知識と診断・治療技術を修得します。

【研修概要】

指定診療科である産科・婦人科は1年6ヶ月,生殖医療科3ヶ月,新生児科3ヶ月,救命救急センター3ヶ月の研修を実施します。その他9ヶ月間の自由選択は麻酔科,産科・婦人科,生殖医療科,新生児科などを3ヶ月以上の単位で個人の希望にて選択できます。

(2)小児科専門医コース

【到達目標】

日本小児科学会専門医となることを目標とし,小児科以外の関連した他科での研修を通じて幅広く多くの疾患を経験し,小児疾患を全身的に診療できる実践能力を身につけます。小児の救急に関しては,最新の救急蘇生ガイドラインに即した研修をし,PALS(Pediatrics Advanced Life Support) providerとなることを目標とします。また,予防接種,乳児検診など育児支援の知識と技術の習得,および,小児医療の社会的役割に寄与できる能力を身につけます。

【研修概要】

指定診療科である小児科で合計1年6ヶ月間,新生児科で6ヶ月,救命救急センター3ヶ月の研修を実施します。その他9ヶ月の自由選択では,小児科,新生児科での研修を継続するか,選択科で研修するかは,個人の希望に応じて設定できます。すでに他院での後期臨床研修中の場合には,引き続き各個人に適した研修プログラムを作成します。

(3)小児外科専門医コース

【到達目標】

日本外科学会及び日本小児外科学会専門医となることを目標とし,小児疾患を全般的に診療できる実践能力を身につけます。小児の全身管理に関しては,麻酔科での研修を含め,正しい判断ができるようにします。その他,学会発表と論文作成を行います。

【研修概要】

小児外科で合計1年3ヶ月間,消化器・乳腺・移植外科,心臓血管外科,呼吸器外科,麻酔科,救命救急センターでそれぞれ3ヶ月の研修を実施します。その他9ヶ月の自由選択では小児外科での研修を継続するか,選択で研修するか,個人の希望に応じて設定できます。

研修プログラム(個人の希望により変更可能です)

専門分野 3年次 4年次 5年次
産婦人科 産科・婦人科 12ヶ月 産科・婦人科 6ヶ月
生殖医療科 3ヶ月
新生児科 3ヶ月
救命救急センター 3ヶ月
自由選択科 9ヶ月
小児科 小児科 6ヶ月
新生児科 6ヶ月
小児科 12ヶ月 救命救急センター 3ヶ月
自由選択科 9ヶ月
小児外科 小児外科 6ヶ月
消化器・乳腺・移植外科 3ヶ月
心臓血管・呼吸器外科 3ヶ月
小児外科 12ヶ月 救命救急センター 3ヶ月
自由選択科 9ヶ月

※1.4年次以降には,地域医療支援として短期的に県内の医療機関で診療援助を行います。

※2.自由選択科は小児科,小児外科,産婦人科,新生児科,生殖医療科,麻酔科,放射線科,耳鼻咽喉科・頭頚部外科,小児感覚器科,皮膚科,眼科などから選択できます。

指導体制

【成育医療センター長】

内藤 博之
日本産科婦人科学会専門医,日本産科婦人科学会指導医,日本がん治療認定医機構暫定教育医,日本がん治療認定医機構がん治療認定医,日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医,日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍指導医,女性ヘルスケア暫定指導医,母体保護法指定医,日本医師会認定産業医,広島大学医学部臨床教授

【各科責任者】

(産科・婦人科)

三好 博史
日本産科婦人科学会認定医,母体保護法指定医,日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)専門医,日本周産期・新生児医学会周産期新生児蘇生法インストラクター
上田 克憲
日本産科婦人科学会専門医,日本周産期・新生児医学会認定母体・胎児指導医・専門医

(小児科)

神野 和彦
日本小児科学会専門医,広島大学医学部臨床教授

(新生児科)

福原 里恵
日本小児科学会専門医,日本周産期新生児専門医制度新生児専門暫定指導医,広島大学医学部臨床教授

(小児外科)

大津 一弘
日本小児外科学会専門医・指導医,日本外科学会専門医・指導医,日本消化器外科学会認定医,身体障害者福祉法指定医師

(生殖医療科)

原 鐵晃
日本産科婦人科学会専門医,日本生殖医学会生殖医療専門医,日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医,日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医,母体保護法指定医,広島大学医学部臨床教授

(救命救急センター)

山野上 敬夫
日本救急医学会指導医,日本DMAT隊員,統括DMAT資格,広島県メディカルコントロール協議会会長,ICLSコースディレクター,JPTEC世話人,MCLS管理世話人,MCLS-CBRNE管理世話人

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分