総合的救急コース

このページを印刷する

プログラム責任者

山野上 敬夫(救命救急センター長)

プログラムの目的・特色

いわゆる救命救急医療と呼ばれる重症救急医療の研修を軸としますが,それだけにとどまらず,幅広い救急疾患に対応できるプライマリ・ケアの研修を併せて行います。また,希望に応じて,将来のサブスペシャリティーと関連付けて,救急疾患を扱うことの多いいくつかの診療科や部署をローテーションできるのも特色です。

以上を組み合わせた研修により,偏りのない救急医療の能力を持った医師を育てることを目的としたコースです。

到達目標

都市部からへき地に至る様々な救急医療の需要に対応するために,救命治療からプライマリ・ケアに至る,幅広い救急診療能力を身につける。

研修概要

・救命救急センター…1年間

・総合診療科・感染症科…1年間

・自由選択…たとえば,3ヶ月×4期(脳外科,循環器内科,放射線科,麻酔科)等々

・地域支援…総合診療科・感染症科での研修中には,短期的に県内の医療機関での診療援助も行います。

研修プログラム(個人の希望により変更可能です)

指導体制

【統括指導医】

山野上 敬夫
日本救急医学会指導医,広島県メディカルコントロール統括医師,日本DMAT隊員,統括DMAT資格,ICLSコースディレクター,JPTEC世話人,MCLS管理世話人,MCLS-CBRNE管理世話人

【指導医】

楠 真二
日本救急医学会専門医,日本麻酔科学会指導医,広島圏域メディカルコントロール協議会委員,広島圏域メディカルコントロール協議会検証医,ICLSコースディレクター,DAMインストラクター,日本DMAT隊員,統括DMAT資格,日本臨床麻酔学会教育インストラクター,JPTEC,MCLS,BDLS,ADLS認定資格
岡本 健志
日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本医師会認定産業医,日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医,日本感染症学会感染症専門医,インフェクションコントロールドクター,日本化学療法学会抗菌化学療法認定医,広島大学医学部臨床教授
竹崎 亨
 
伊関 正彦
 
多田 昌弘
 
世良 俊樹
 
板井 純治
 
橋本 正樹
 
宮本 真樹
 
谷口 智宏
 
井原 弥子
 
広沢 秀泰
 

主体となるスタッフ:救急科医師,総合診療科・感染症科医師

協力するスタッフ:ローテーションする部署の医師

経験すべき症例など

・救急患者の重症度と緊急度を迅速に判断する。

・必要に応じ救命処置を行う。

・緊急手術,緊急処置の適応となる代表的な傷病や病態を知る。

・時期を逸することなく,速やかに専門部署にコンサルタントする。

・人工呼吸,循環管理,急性血液浄化などの集中治療を行う。

・感染症/不明熱疾患の診断と治療を行う。

・救急医療にまつわる社会的な要因を知る。

・救急用ヘリコプターや救急車による救急現場への出動を担当する。

・災害・大規模事故発生時は,災害医療の基本的な考え方に従った有機的な行動ができる。

・二次救命処置,外傷初療,その他のシミュレーション教育の指導を行う。

・メディカルコントロール体制にしたがって,病院前救護を向上させるための検証・教育・実習に携わる。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分