麻酔・全身管理コース

このページを印刷する

プログラム責任者

福田 秀樹(主任部長)

プログラムの目的・特色

救命救急センター,成育医療センター,緩和ケア支援センター,腎臓総合医療センターを併設している当院の特色を生かした,幅広い麻酔管理や疼痛管理が経験できるプログラムです。また将来,産科麻酔,小児麻酔,心臓血管麻酔などのサブスペシャリストを目指す場合は,関連した診療科での選択研修が可能です。

麻酔科医は一般病院において集中治療や救急医療に携わる機会が多く,重症患者や救急患者の集中治療を学ぶことは必要不可欠です。このプログラムは,救命救急センターと希望する診療科での研修を組み込むことにより,周術期全般を幅広く診ることのできる麻酔科医を養成することが目的です。

到達目標

研修中に麻酔科標榜医,麻酔科認定医を取得し,将来的に日本麻酔科学会専門医となることを目標とします。

また将来,何らかのサブスペシャリストを目指すべく幅広い疾患の麻酔管理を経験するとともに,救命救急センターやペインクリニックでの研修を足がかりとして,集中治療医や緩和ケア医への道も展望できるような経験を積むことを目標とします。

研修概要

麻酔科で30ヶ月,救命救急センター,自由選択科において各3ヶ月ずつ研修します。自由選択科は複数科を研修することも可能です。

3年次から年に1~2回,指導医の指導のもとで学会発表を行い,学会発表を通じて臨床研究,統計処理,論文作成能力を養います。

その他,診療科内での抄読会,全病院職員対象の研修会,地域で行われる関連研修会に参加し,最新の知見を身に付けます。

研修プログラム(個人の希望により変更可能です)

3年次:麻酔科12ヶ月

4~5年次:麻酔科18ヶ月(ペインクリニックでの研修を含む),救命救急センター3ヶ月,自由選択科3ヶ月

地域医療研修:麻酔科標榜医を取得後(4年次以降),地域で診療援助を行います。

自由選択科では心臓血管麻酔などのサブスペシャリストを目指して関連診療科や救命救急センターで研修しますが,継続して麻酔科での研修もできます。

指導体制

各科の責任指導医の主任部長のもとで臨床経験10年以上の各科部長が実地の指導を行います。

【各科責任者】

麻酔科
福田 秀樹
救命救急センター
山野上 敬夫

【実地指導医】

麻酔科
日本麻酔科学会指導医10名,日本麻酔科学会専門医2名,心臓血管麻酔学会専門医2名
ペインクリニック学会認定医2名,日本小児麻酔科学会認定医2名
救命救急センター
日本救急医学会指導医2名,日本救急医学会専門医5名
自由選択科
各診療科の指導医師

習得・経験できる手技など

・臨床医として適切な診療態度,中央部門の医師としてチーム医療の要になるような態度,協調性を身につける

・消化器・乳腺・移植外科,心臓血管外科,呼吸器外科(心臓手術を含む),脳外科,整形外科,耳鼻咽喉科・頭頚部外科,泌尿器科,小児外科,眼科,皮膚科,口腔外科,産婦人科の手術に加えて,成育医療センターに関連した重症妊婦の帝王切開,低体重出生児,新生児の手術,腎臓総合医療センターに関連した腎不全患者の手術や腎移植,救命救急センターに関連した外傷患者の麻酔管理を経験し,必要な知識と手技を習得。

・麻酔科初期臨床研修で研修した手技が確実にできる(末梢静脈確保,気管挿管,観血的動脈圧ライン確保,中心静脈路確保,エアウェイ挿入,ラリンゲルマスク挿入など)

・各種モニタリングに関する知識,および臨床応用できる手技の習得

・全身麻酔,区域麻酔,局所麻酔に関する知識・手技の習得

・エコーガイド下で行う各種手技(末梢神経ブロック,中心静脈路確保)の習得

・分離肺換気のための知識・手技(ダブルルーメン気管挿管チューブ挿入,気管支ファイバーによる確認など)の習得

・心臓血管麻酔のための経食道エコーに関する知識・手技の習得

・集中治療,救急治療に関する知識・手技の習得

・術後痛管理の一環として,術後鎮痛法の知識および臨床応用できる手技の習得

・BLS,ACLSプロバイダーの資格を取得

・臨床研究を通して,情報取得,統計処理,論文作成能力を習得

・カンファレンス,研究会,学会などで適切にプレゼンテーションできる能力を養う

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分