感染症診療コース

このページを印刷する

プログラム責任者

石川 暢久(呼吸器センター長(兼)呼吸器内科主任部長)

プログラムの目的・特色

当院の特徴は,総合病院で発生する一般的な感染症だけではなく,救命救急センター,腎臓総合医療センター,エイズ治療中核拠点病院,がん診療連携拠点病院でないと遭遇できない重篤な感染症や日和見感染症,新興及び再興感染症などを経験できる点です。

3年間のプログラムの前半は典型的な感染症を専門医・指導医のもとで研修し基礎力を養い,研修後半にその力を複雑で重篤な感染症に応用しながらの研修ができる。また,院内感染対策の研修として感染対策委員会やインフェクション・コントロール・チーム,病院感染サーベイランスへ積極的に参加してもらい実際の感染対策や院内感染アウトブレイクに関する知識と経験の獲得が可能です。

到達目標

・独りで典型的な呼吸器感染症,血流感染症,尿路感染症における検査計画立案と結果評価による診断が可能になる。

・独りで典型的な呼吸器感染症,血流感染症,尿路感染症におけるエンピリック治療ができる。

・独りで未経験の感染症に対する検査や治療などの基礎知識を,テキストやインターネットを通して得ることができる。

・指導医の協力により基礎疾患をもつ患者における感染症の検査計画立案と結果評価による診断が可能である。

・医療スタッフに基礎的な標準予防策と感染経路別予防策の指導ができる。

研修概要

(1)必修課程

3年次
臨床研究検査科 3ヶ月
総合診療科・感染症科 3ヶ月
呼吸器内科・リウマチ科 3ヶ月
4年次
救命救急センター 3ヶ月
小児科 3ヶ月
5年次
必修課程または選択課程から自由に選ぶ。

※4年次以降は地域支援として,県内の医療機関へ診療援助も行います。

(2)選択課程

泌尿器科,耳鼻咽喉科・頭頚部外科,皮膚科,婦人科,歯科・口腔外科など。

研修プログラム(ローテートの順番は任意)

指導体制

【各科責任者】

(臨床研究検査科)

西阪 隆
日本病理学会病理専門医・指導医,日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医,日本臨床検査医学会臨床検査専門医,広島大学医学部臨床教授

(総合診療科・感染症科)

岡本 健志
日本内科学会総合内科専門医・指導医,日本医師会認定産業医,日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医,日本感染症学会感染症専門医,インフェクションコントロールドクター,日本化学療法学会抗菌化学療法認定医,広島大学医学部臨床教授

(呼吸器内科)

石川 暢久
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医,日本呼吸器学会専門医・指導医,日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医,日本臨床腫瘍学会暫定指導医,日本がん治療法認定医機構がん治療認定医・暫定教育医,インフェクションコントロールドクター,広島大学医学部臨床教授,臨床研修指導医養成講習会修了,日本内科学会内科救急(JMECC)インストラクター

(小児科)

神野 和彦
日本小児科学会専門医,広島大学医学部臨床教授

(救命救急センター)

山野上 敬夫
日本救急医学会指導医,広島県メディカルコントロール協議会会長,日本DMAT隊員,統括DMAT資格,ICLSコースディレクター,JPTEC世話人,MCLS管理世話人,MCLS-CBRNE管理世話人

経験できる手技

・細菌培養検査,細菌の同定検査

・体腔液の採取(髄液,胸水,腹水)

経験できる症例

・一般的な感染症:髄膜脳炎,気管支肺炎,胆道・腹腔内感染症,尿路感染症,敗血症,感染性心内膜炎,軟部組織感染症など。

・特殊な感染症:HIV感染症,カリニ肺炎,肺真菌症など。

・すべての重症傷病の三次救急初療(心停止,重症外傷,ショック,呼吸不全,小児救急,他)

・救命病棟における集中治療(人工呼吸管理,血液浄化法,脳低温療法,敗血症治療,他)

・院内急変に対する対応

・現場出動,救急初療(ドクターヘリ的事業を含む)

・災害対応

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分