内科専門研修プログラム(平成30年度)

このページを印刷する

内科専門研修プログラム(平成30年度)

本研修プログラムの目的は,内科医としてのプロフェッショナリズムの涵養とGeneralなマインドを持ち,地域の実情に合わせた実践的な医療等を行うことのできる内科専門医を育成することです。

本プログラムは,県立広島病院が基幹施設として,広島県広島医療圏を中心に,県内の他の医療圏(広島西,呉,広島中央,尾三,備北)の施設と連携した研修施設群を構成しています(下表)。

サブスペシャルティ専門研修に比重を置く期間を設けて,十分な症例数と充実した指導体制のもと,豊富な連携施設での専門研修と併せて質の高い研修を受けることが可能となっています。

本プログラムによる研修を通じて,最新の知識,技能を修得するとともに,患者の社会的側面,心理的側面も考慮した,全人的医療を実践できる内科専門医を目指してください。

内科専攻医研修(モデル)

研修概要

基幹施設である県立広島病院内科で,専攻医1年目の専門研修を行います。

1年目の秋に専攻医の希望・将来像,研修到達度及びメディカルスタッフによる360度評価(内科専門研修評価)等をもとに,専攻医2年目の研修施設を調整して決定します。

病歴提出を終える専攻医3年間の1年間,基幹施設で研修をします。

なお,専攻医1年目,3年目の基幹施設での研修はSubspecialty研修を中心としますが,不足している疾患群の症例を補います。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分