研修医からのメッセージ

このページを印刷する

2年次研修医 礒見 彩花(平成28年度採用)

礒見 彩花

当院は広島県の高度急性期医療を担うとともに,周辺地域に根付いた医療も提供している病院であり,common diseaseから稀な症例まで幅広く経験することができます。

当院の研修プログラムは自由選択枠が多く,各々の進路に合わせて自由度の高いプログラムを組むことができます。将来進む診療科が定まっている人は,初期研修修了後の進路に合わせた専門性の高い研修ができますし,進路が定まっていない人は複数科をバランスよく研修することも可能です。

当直では,研修医を含めて常時10名の医師で協力し,できる限り多くの救急患者さんの診療にあたっています。1年次研修医は上級医の指導のもと,主にwalk inの患者さんの診察を担当しますが,初期対応から治療方針決定まで,自分で考えて行動する力がつきます。

また,研修医室には自分の机があり,カルテも設置されていて快適な環境です。当院徒歩圏内に公舎,駐車場も完備されており,ハード面でも恵まれた研修医生活が送れることと思います。

医学生の皆さん,ぜひ一度見学にお越しください。

1年次研修医 岩野 佑介(平成29年度採用)

岩野 佑介

県立広島病院初期臨床研修医1年目の岩野佑介です。

私が当院を初期研修先に選んだ理由として,ローテートする科の自由選択枠の多さがあります。研修プログラムをご覧になればおわかりの通り,当院では内科,麻酔科,救急科の必修科を除き,ほぼ自由に選択できます。1年次のローテーション先は医学生のうちに希望を出すことになっていますが,研修開始後に変更することも可能です。

また,病床数が大学病院と同等規模の基幹病院で働くことによって,多種多様で専門的な臨床現場に身を置くことができます。これから先,自分の専門をどうしたらいいか迷っている方にも研修先としてお勧めできる環境です。

加えて,初期研修をバックアップしてくださる指導医の先生方はとても指導熱心です。そのため患者さんはもとより,指導してくださる先生方の役に立ちたいという思いもモチベーションになっています。

研修医の同期は15人(うち1名歯科)と多く,また週2回,同期が経験した症例を共有する勉強会があり,人数の多さをメリットとして活かしています。研修医室の雰囲気の良さも魅力の一つです。4月から2年目の先輩方と二人一組で当直に入り,基本から教えていただけるという恵まれた環境も揃っています。

興味を持たれた方は一度見学に来ていただき,その上でぜひ当院を初期研修先として選んでいただければ幸いです。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分