ホーム診療科・部門の紹介 > 皮膚科

皮膚科

診療科・部門の紹介
スタッフ紹介 科の特色

スタッフ紹介

【氏名】
森本 謙一
【役職】
部長
【資格・その他】
日本皮膚科学会認定専門医
日本アレルギー学会認定専門医
広島大学医学部客員教授
【主要所属学会】
日本皮膚科学会
日本皮膚外科学会
日本乾癬学会
日本アレルギー学会
日本皮膚悪性腫瘍学会
 
氏名 役職 資格・その他
北野 文朗 部長  
末岡 愛実 医員  
▲このページのTOPへ

科の特色

 広島市,あるいは広島県全体の基幹病院として,近医クリニックで対応困難な重症例・難治例や,入院治療,手術が必要な患者さん,皮膚がんの患者さん,特殊な検査や治療が必要な患者さんを主に受け持っています。広島大学皮膚科で入院あるいは手術が必要と判断された患者さんを,大学病院にかわって治療することもあります。

【対象疾患】
 アトピー性皮膚炎や蕁麻疹などのアレルギー性皮膚疾患,乾癬などの慢性皮膚疾患,膠原病や水疱症などの自己免疫性皮膚疾患,皮膚の感染症,熱傷,良性腫瘍や悪性腫瘍など,皮膚に症状のあるあらゆる疾患。

【診療内容】
 3名の皮膚科医が,皮膚疾患全般につき対応します。

(1)炎症性皮膚疾患
 アトピー性皮膚炎,慢性蕁麻疹,乾癬などの慢性皮膚疾患については,病気のしくみや治療の考え方,内服薬や外用薬の使用方法などにつき丁寧に指導します。重症の場合は入院治療を行うこともあります。

(2)自己免疫性皮膚疾患
 SLE,皮膚筋炎,強皮症などの膠原病,血管炎,水疱症など,重症難治性皮膚疾患については,詳細な検査に基づく診断を行い,入院治療を行っています。総合病院の利点を活かし,リウマチ科など他科と連携しながら診療を行います。

(3)外傷・熱傷
 年齢,基礎疾患,部位,外傷の状態に応じて,適切な治療を選択します。必要に応じて形成外科や頭頚部外科,歯科口腔外科と連携して治療に当たります。

(4)皮膚腫瘍
 ほくろや粉瘤などの良性皮膚腫瘍,悪性黒色腫や有棘細胞癌などの悪性腫瘍に対し,手術を行っています。病状により化学療法や放射線療法も行います。必要に応じて形成外科,臨床腫瘍科,放射線治療科と連携して治療に当たります。

(5)皮膚の感染症
 蜂窩織炎は重症度に応じて外来・入院治療を行います。壊死性筋膜炎やガス壊疽などの重症感染症は,入院のうえ救急科と共同で治療します。帯状疱疹などのウイルス性皮膚疾患,深在性真菌症なども診療します。

【当科を受診するときは】
 市内外の皮膚科クリニックとは緊密に連携しています。皮膚に異常があるときは,まずはお近くの皮膚科クリニックを受診してください。クリニック医師が必要に応じて当科へ連絡・紹介します。当科で治療し症状がおちついた患者さんは,できるだけ生活圏内で治療できるように,お住まいや勤務先の近くの皮膚科専門医を紹介します。軽症あるいは症状がおちついているときは近所の先生に診てもらい,手術,特殊検査が必要になった時には当科が責任を持って対応いたします。そのために市内外の皮膚科専門医やかかりつけ医の先生とコミュニケーションを充分に取っています。当科受診時には,お近くの先生に紹介状を書いてもらい,受診予約を取ってもらって下さい。

※外来担当医表はこちらです。

【診療実績】
<平成27(2015)年度実績>
平均外来患者数:1日約47人 1日平均入院患者数:7.2人 手術室手術件数:201件

【教育・研修活動】
 広島皮膚科医会,広島皮膚病理組織検討会,広島皮膚科症例検討会,広島県皮膚科講習会,広島形成懇話会などに積極的に参加し,研修を行っています。これら研究会には,市内外の皮膚科勤務医,開業医が集合するので,相互に密なコミュニケーションが取れています。

▲このページのTOPへ