ホーム診療科・部門の紹介 > 耳鼻咽喉科・頭頚部外科

耳鼻咽喉科・頭頚部外科

診療科・部門の紹介
スタッフ紹介 科の特色

スタッフ紹介

【氏名】
福島 典之
【役職】
主任部長
(兼)小児感覚器科部長
【資格・その他】
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会認定医
詳しい情報を見る
【氏名】
平位 知久
【役職】
部長
【資格・その他】
日本耳鼻咽喉科学会専門医
【氏名】
呉 奎真
【役職】
部長
【資格・その他】
日本耳鼻咽喉科学会専門医
詳しい情報を見る
 
氏名 役職 資格・その他
有木 雅彦 医長  
高橋 紗央里 医員  
▲このページのTOPへ

科の特色

 当科は広島医療圏における耳鼻咽喉科サージセンターを目指しています。中耳手術(慢性中耳炎,真珠腫性中耳炎),鼻・副鼻腔手術の症例数,治療成績は,全国トップレベルを維持しています。鼓膜換気チューブ留置術,声帯ポリープ切除術等での外来日帰り手術も積極的に行っています。鼻・副鼻腔手術では手術支援機器としてナビゲーションシステムを導入し,より安全な手術を行っています。
 頭頚部癌治療では,形成外科,口腔外科,放射線診断科・治療科と連携することにより,機能温存を目指しています。

【診療内容】
(1)患者数
 年間外来患者数は約19,000人,入院患者数は約900人です。
(2)手術
 平成27(2015)年度の手術件数は約1,017件です。手術の内訳は,中耳手術324件,鼻・副鼻腔手術332件,いびきの手術を含む咽頭手術173件,声帯ポリープなどの喉頭微細手術42件,悪性腫瘍などの頚部手術127件などです。
(3)その他
 手術目的以外の入院患者さんは,めまい,顔面神経麻痺,突発性難聴,急性咽頭炎・扁桃炎などの急性疾患が主です。また,救急医療に対しても積極的に対応しております。

※外来担当医表はこちらです。
※平成27年4月から突発性難聴に対する高気圧酸素療法を開始しました。

◎「耳・鼻・のどの手術」について 平成27年4月5日の読売新聞に掲載されました(PDF:1.8MB)

【診療実績】
 鼓室形成術年間206症例(平成22(2012)年は手術症例数全国12位)

入院症例
  平成26(2014)
年度
平成27(2015)
年度
手術目的 649例 75.0% 627例 68.7%
急性炎症 111例 12.8% 93例 10.3%
悪性疾患 34例 3.9% 49例 5.4%
急性感音難聴 18例 2.1% 88例 9.6%
眩暈 24例 2.8% 28例 3.1%
顔面神経麻痺 13例 1.5% 12例 1.3%
その他     16例 1.8%
合計 865例   913例  
手術件数
  平成26(2014)
年度
平成27(2015)
年度
外耳手術 22件 16件
中耳手術 248件 324件
咽頭手術 206件 173件
鼻・副鼻腔手術 290件 332件
頚部手術 113件 127件
ラリンゴマイクロ 43件 42件
口腔手術 5件 0件
人工内耳手術 3件 3件
合計 930件 1,017件

 (中耳手術の詳細についてはこちらを【広島市医師会だより平成18年2月号より】

【教育・研修活動】
●当院は,臨床研修指定病院で,かつ日本耳鼻咽喉科学会の認定施設でもあります。
●当科では,毎日の外来新患のカンファレンスと週1回の病棟カンファレンスを行い,学会・研究会に演題を発表し医学研究活動を積極的に行っています。

▲このページのTOPへ