ホーム診療科・部門の紹介 > 脳神経外科・脳血管内治療科

脳神経外科・脳血管内治療科

診療科・部門の紹介

脳心臓血管センター

スタッフ紹介

【氏名】
富永 篤
【役職】
主任部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
広島大学医学部臨床教授
詳しい情報を見る
【氏名】
竹下 真一郎
【役職】
部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本頭痛学会認定頭痛専門医
詳しい情報を見る
【氏名】
岐浦 禎展
【役職】
部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医・指導医
詳しい情報を見る
【氏名】
籬 拓郎
【役職】
部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
TNT認定資格
詳しい情報を見る
【氏名】
迫口 哲彦
【役職】
部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
神経内視鏡学会技術認定医
詳しい情報を見る
【氏名】
近藤 浩
【役職】
部長
【資格・その他】
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会専門医
TNT,BLS,ACLS認定資格
氏名 役職 資格・その他
川住 知弘 医員  

▲このページのトップへ

主たる診療分野/専門領域

氏名 主たる診療分野/専門領域
富永 篤 下垂体腫瘍の内視鏡手術,脳腫瘍,脳卒中の外科治療,顔面痙攣・三叉神経痛,小児神経外科
竹下 真一郎 機能脳神経外科,痛みの外科,顔面痙攣・三叉神経痛
岐浦 禎展 脳卒中,脳動脈瘤・脳梗塞の血管内治療
籬 拓郎 水頭症,脳卒中,機能的脳外科疾患,脳腫瘍
迫口 哲彦 神経内視鏡手術,下垂体疾患
近藤 浩 脳卒中,血管内治療,頭部外傷
川住 知弘 神経救急,脳卒中,頭部外傷

▲このページのトップへ

科の特色

 脳腫瘍や脳動脈瘤の治療を始めとして,まず安全で確実な手術を目指しています。最新の手術機器を備えており難事例にも,術前の立体的画像把握,術中ナビゲーションシステム,頭外科の手術手技,神経内視鏡,術中モニター,術中蛍光画像マッピング(ICG,5-ALA)などを組み合わせながら,手術の精度と安全性を高める工夫を行っています。特に下垂体腫瘍は国内屈指の治療経験を有する医師が神経内視鏡による最先端治療を行っています。
 脳血管内治療の指導医,専門医もおり,脳動脈瘤や頚動脈狭窄に対する治療は,外科的治療もカテーテルによる血管内治療も行っています。患者さんに最適な治療を行っています。片側顔面痙攣,三叉神経痛に対する手術も行っており治療成績は安定しています。難治性の痛みに対する外科治療(脊髄硬膜外刺激療法)も開始しました。
 そのほか,成育医療センターにて三分脊椎や水頭症などの治療,救命救急センターでは,昼夜を問わず脳卒中や頭部外傷などの高度救急治療を行っています。さらに脳心臓血管センターでは脳神経内科,循環器内科,心臓血管外科と協力し,脳血管・心臓・末梢血管の総合的治療を行っています。脳卒中後遺症の支援として「脳卒中広島友の会(ぴあチアーズ)」を開いていますのでご利用下さい。また「脳卒中の道しるべ」「脳卒中広島友の会会報誌」もご覧いただけます。

ぴあチアーズマーク

【診療内容】
(1)外来診療
 月曜日から金曜日までの午前中に外来診療をしています。特殊外来は午後からで,セカンドオピニオン外来(木曜日・担当富永),下垂体・脳腫瘍外来(火曜日・担当富永),血管内治療外来(火曜日・担当岐浦),機能神経外科外来(水曜日,木曜日・担当竹下),頚部エコー外来(水曜日・担当近藤)をご利用下さい。専門医からの意見を聞いて参考にされたい場合はセカンドオピニオンが適しています。
※外来担当医表はこちらです。

(2)入院診療
 入院診療の受入はいつでも構いません。緊急で入院が必要なときは,時間を問わず入院が可能な体制をとっています。予定治療入院の場合,下垂体腫瘍の内視鏡手術は10日間の入院,未破裂脳動脈瘤,症状の比較的乏しい良性腫瘍,顔面痙攣や三叉神経痛の開頭手術は2週間の入院,頚部内頚動脈狭窄や未破裂脳動脈瘤の血管内治療は1週間弱としています。手術に際しては部分剃毛とし,社会復帰が早まるように努めています。入院される方も高齢化が進んできましたので,入院早期からの土・日曜を含むリハビリテーション,口腔ケア,地域連携科介入による医療相談を行っています。手術前には歯の手入れも実施しています。

  • 脳疾患に対して顕微鏡を用いた手術風景脳疾患に対して顕微鏡を用いた手術風景
  • 脳血管内治療中の写真脳血管内治療中の写真

【実績】

  • ●平成27(2015)年度の入院患者数は711名で,脳梗塞が23%,頭部外傷が24%を占めていました。手術件数は437件(うち血管内治療68件)で,脳腫瘍は98件(下垂体腫瘍51件,その他の腫瘍47件),脳動脈瘤は55件でした。
  • ●脳動脈瘤の複数年での手術成績です。くも膜下出血で開頭動脈瘤クリッピング(483人)では,社会〜家庭内自立が67%であり,死亡は7%でした。
     また,未破裂脳動脈瘤の場合,開頭クリッピング術(345人)と血管内治療によるコイル塞栓術(79人)において,日常生活に影響する永続的神経症状の出現は各々2.0%,2.5%で,死亡は0%,1.2%でした。
  • ●脳腫瘍の複数年での手術(799人)です。全摘出から亜全摘は74%でした。術後の神経症状として,術前から無症状のまま又は改善が66%,悪化11%,死亡0.25%でした。
  • ●2013年〜2014年の2年間の間脳下垂体腫瘍の手術件数は39例ですが,治療経験が1000例以上(年間100例)を超える医師が平成27(2015)年4月に着任し,8か月間で51件の手術を行いました。全摘出は88%でした。

【教育・研修活動】

  • ●当院は,日本脳神経外科学会専門医訓練施設及び日本脳卒中学会認定教育病院,日本脳血管内治療学会認定研修施設として認可され,若手脳神経外科医の育成を行っています。全国や地方の学会発表や講演活動を(過去17年で500回)しながら,最新の医療レベルの研鑽や地域への医療啓発活動も行っています。
  • ●当院では,日本脳神経外科学会による手術症例登録事業(JNR)に参加しています。

▲このページのトップへ

疾患に対する治療の説明