看護師を目指す皆さんへ

このページを印刷する

新人看護師からのメッセージ01

私は4月から県立広島病院に勤務している新人看護師です!

私は,看護師免許取得後も医療,看護の知識をさらに深めたいと思っており,高度急性期病院への就職を希望していました。なので,広島県内の様々な病院説明会やインターンシップに参加しました。その時に,県立広島病院は他の医療機関と比べ,看護師一人ひとりが看護専門職として自覚とプライドを持ち,高度な看護技術を提供している姿を見て,この病院で働きたいと思うようになりました。さらに,去年の当院の病院ガイダンスに参加したとき,先輩看護師のお話がすごく面白くて,こんなにコミュニケーション能力やプレゼン能力の高い人たちがいる病院で私も働きたいという思いが強くなり,就職を決めました。

4月に入職し数カ月がたちますが,先輩看護師はみんな優しいです。実際に重症度の高い患者さんのケアをしていますが,一つ一つのことを部署の先輩が丁寧に教えてくれます。また,プリセプターシップ制度があり,私たち新人の精神的なサポートや技術支援をしてくれる先輩もいるので,まさに学ぶ環境の整った病院であると思います。

今私は,優しい先輩達に助けられながら,より良い看護を提供するために,日々勉強しています。

皆さんにとって今の時期,進路で悩んだり,課題が多かったり,実習や授業が辛かったり,国家試験のことや先のことを考えただけでため息が出ることもあると思います。でも,最後まで諦めずに頑張ってください! そして,来年春から一緒に働けたらすごく嬉しいなと思います!

新人看護師からのメッセージ02

私は,この4月から県立広島病院で勤務している新人看護師です。なぜ当院を選んだかについてお話しします。

私は就職を決めるときに,自分の将来の看護師像について考えました。私は根拠を持った適切な看護で患者様を支援する看護師になり,いずれは救急看護や災害看護にも関われるようになりたいと考えました。

根拠を持った適切な看護を提供するためには,疾患の病態やリスクに関する幅広い知識とリスク時に対応できる高度な技術を身につける必要があります。そのため,重症度の高い患者様の受け入れや急性期に対応した設備・体制が整っている病院で看護やケアを学びたいと思いました。

しかし急性期病院といっても,どの病院が自分の目標に一番合っているのかわからず就職先に悩みました。そんな時,県立広島病院の看護師から災害看護の講義を受ける機会があり,県立広島病院は県の基幹病院で高度な専門的医療・政策医療・基幹災害拠点病院の役割も担っていると知りました。そのため,日々の看護を通して高度な知識や技術を身につけられると思い,当院を志望することにしました。

皆さんも就職について悩むことがあると思います。5年後,10年後に自分がどんな看護師になりたいのか,どんなことに興味を持っているのかを大切にして,そのために必要な知識・技術を身につけられる病院を選んでみるのもいいのではないかな,と思います。

県立広島病院は,病院全体で新人を育てていこうという環境が整っているため,看護について学びたい,温かな看護を提供したいという強い意志があれば,多くのことを学ぶことができると思います。また,県立広島病院には自分の目指す看護師像の先輩が多く,その先輩の姿をお手本にして,日々看護を学び,提供していくことができます!

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

まちのわループ 301,302

「県病院前」下車徒歩1分