消化器センター

このページを印刷する

消化器センターの理念

板本 敏行

いたもと としゆき

副院長
(兼)消化器センター長

患者さん中心の専門性の高い医療を提供します。

絶えず医療の質の向上を追求します。

より早く,より正確で,より安全な医療を提供します。

診察する主な疾患

良性疾患

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病など)

●胃潰瘍・十二指腸潰瘍

●ヘリコバクターピロリ感染

●大腸ポリープ

●消化管出血

●ウイルス性肝炎(B型肝炎,C型肝炎)

●自己免疫性肝疾患

●NASHなどの脂肪肝

●肝硬変

●胆のう結石

●胆のう炎

●胆管結石

●胆管炎

●急性膵炎

待ち時間の短縮

当センターでは,患者さんのできるだけ早く治療したいという要望に応えるために,初診から治療開始までの期間を可能な限り短縮します。

◎診断確定から1週間以内での治療開始が可能です。

チーム医療の実践

1日も早く治療をしたいという患者さんの要望に応えるために,初診・診断の段階から,その後の治療計画を見据えて,診療科・職種横断的なチーム医療をさらに充実させ実践しています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分