消化器・乳腺・移植外科

このページを印刷する

科の特色

「消化器・乳腺・移植外科」は,消化器がん(食道がん,胃がん,大腸がん,肝がん,胆道がん,膵臓がん)や乳がんの手術や腎臓移植,透析関連の手術を中心に行っています。そのほか手術が必要な腹部救急疾患や腹部外傷など幅広い分野の診療を行っています。

また,高度な技術を要するがん手術や腹腔鏡手術などの低侵襲手術を積極的に行っています。

救命救急センター,麻酔科と協力して腹部救急疾患に対する迅速な外科的対応を24時間体制で行っています。

最先端の知識及び技術を導入して常に患者さんに還元できるように日々研鑽しています。

診療内容(臓器別)

乳腺 [主担当]松浦一生,野間翠

当院は日本乳癌学会認定施設であり,広島県の乳癌治療の中核を担っています。外来診療は乳腺専門医のみで行っており,1)診断・フォローアップ,2)手術,3)化学療法,4)放射線治療の乳癌治療の全てが,それぞれの分野の専門医によって高いレベルで行っています。また乳癌手術の乳房再建にも力を入れており,形成外科医による様々な方法の乳房再建術が可能です。

乳がんのページへ

食道 [主担当]漆原貴,徳本憲昭

主に食道がん・胃がんの手術を行っています。早期がん症例には積極的に低侵襲手術である鏡視下手術を行っています。進行がんでは手術,抗がん剤治療,放射線治療を組み合わせた集学的治療を行っています。

食道がんのページへ

胃がんのページへ

肝臓胆嚢・胆管・膵臓・脾臓 [担当]板本敏行,中原英樹,眞次康弘,大下彰彦

主に肝臓がん,胆嚢がん,胆管がん,膵臓がんの手術を行っています。肝胆膵領域の手術は,特に高度な技術が要求されます。担当の医師4名はすべて日本肝胆膵外科学会高度技術指導医です。

肝臓がんのページへ

胆道・膵臓がんのページへ

大腸・肛門 [担当]池田聡,安達智洋

大腸外科では,大腸がん,炎症性腸疾患,大腸良性疾患に対する治療を行っています。特に大腸がんに対しては力を注いでおり,消化器内科,内視鏡内科,放射線診断科・治療科,臨床腫瘍科,泌尿器科など各科と連携を取りながら,最も有効な治療又は最新の治療を行っています。

大腸がんのページへ

移植外科 [担当]石本達郎,札場保宏,森本博司

移植外科では,腎臓内科と連携して慢性腎不全患者さんのシャント作成を含む管理および腎臓移植を担当しています。

移植外科のページへ

※臓器別治療内容,治療成績の詳細は青字下線の部分をクリックしてご参照ください。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分