摂食嚥下チーム

このページを印刷する

摂食嚥下(せっしょくえんげ)とは

摂食嚥下(せっしょくえんげ)とは,食べ物や水分を認識して口に取り込み,胃へ送り込む動作のことです。この運動が障害されることを摂食嚥下障害といい,食物や水分を飲み込もうとすると気管に入ってしまう(誤嚥:ごえん),食道へ行かずにのどに残ってしまい息ができなくなる(窒息)などの症状がみられます。

脳卒中,パーキンソン病などの神経筋疾患,口腔・咽頭がん,加齢など様々な理由によって食べて飲み込む機能に障害をきたした患者さんに対して,私たちは,誤嚥性肺炎や窒息だけでなく,脱水や低栄養などのリスクを回避し,安全においしく食べるための支援を行っています。

摂食嚥下チームについて

摂食嚥下チームは現在,歯科・口腔外科(桐山健),耳鼻咽喉科・頭頚部外科(平位知久),脳神経外科(近藤浩),脳神経内科(向井智哉),言語聴覚士(田中信吾),管理栄養士(渡辺多栄),摂食嚥下障害看護認定看護師(近藤泰子,大原かおり,下村清夏),薬剤師(岡村礼江)により構成しています。

それぞれの専門性を生かして,脳神経内科や脳神経外科の先生方には脳血管障害,神経難病疾患,パーキンソン病,認知症などの疾患による嚥下障害の患者さんについて的確なご指導をいただき,耳鼻咽喉科・頭頸部外科の先生には嚥下造影検査や嚥下障害改善のための手術等を行っていただいています。

管理栄養士は患者さんの食形態や,必要栄養量を如何に摂取するかなどの問題に取り組み,言語聴覚士,認定看護師は日々の摂食嚥下機能評価,リハビリに多忙な毎日を送っています。

活動状況について

毎週月曜日に介入中の個々の患者カンファレンス,火曜日にチーム回診,水曜日,金曜日に嚥下造影検査を行い,食事の摂食嚥下状態,栄養状態,口腔内の衛生状態,歯牙・義歯の状態の確認と評価を行い,治療やリハビリを行うことで食べる機能の回復と肺炎の予防に努めています。言語聴覚士と認定看護師はほぼ毎日嚥下回診を行い,病棟看護師とともに食事介助しながら,日々の摂食状況を確認しています。症例により栄養サポートチームと連携してケアを行っています。

摂食嚥下チーム介入患者数は,年々増加の傾向にあり前年度介入患者総数は400名でした。主疾患名が肺炎(ほとんどが誤嚥性肺炎)の患者さんは全体の35%を占めており,その割合は年々増加の傾向にあります。老化と誤嚥は切り離して考えることはできず,老嚥という言葉があるように,誰でも身体機能の老化とともに嚥下に関連した筋群が老化し,食べ物を誤嚥しやすくなります。

重度の嚥下障害を患うと,致し方なく経口摂取を断念しなければならないこともありますが,耳鼻咽喉科・頭頸部外科による輪状咽頭筋切除術や,喉頭吊り上げ術などの治療により嚥下障害の改善が認められることもあります。摂食嚥下チームでは,患者さんとご家族の希望を確認しながら,最も良い選択ができるよう主治医とも相談して食べる支援を行っています。

嚥下回診の様子

院内勉強会

毎月,栄養サポートチームと共同して,病院スタッフの知識・技術向上を目的とした院内勉強会を開催しています。摂食嚥下の基礎知識,口腔ケアの方法,食事時のポジショニング,肺炎,脳卒中・認知症等の嚥下障害など,毎回いろいろな内容で企画しています。

管理栄養士による嚥下食勉強会&試食会

ふだん食べることがない嚥下食!
こんな食感! こんな味♪

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分