心臓血管外科

このページを印刷する

診療実績

2011年から2016年までの6年間での心臓胸部大血管疾患に対する手術は418例でした。内訳として,虚血性心疾患に対する手術(主に冠動脈バイパス手術)が163例,弁膜症の手術が139例でした。また胸部大動脈疾患に対する手術は96例で,うち低侵襲手術であるステントグラフト挿入術を25例に行っています。

同期間での腹部腸骨動脈瘤に対しての手術は162例で,それらのうち適応を厳密に検討した上で,ステントグラフト挿入術を61例に施行しました。また上腸間膜動脈閉塞に対してのバイパス術を含めてその他の腹腔内血管手術を8例に施行しています。

末梢血管疾患については,同期間内の手術総数は305例でした。閉塞性動脈硬化症に対しての手術は134例に施行しており,ここ最近はカテーテルによる血管形成術の適応を拡げており,134例中の32例がカテーテルによる治療でした。また急性動脈閉塞に対しての血栓塞栓除去術を48例に,その他の動脈疾患,静脈疾患に対しての手術を101例に施行しています。

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分