脳神経外科・脳血管内治療科

このページを印刷する

良性脳腫瘍 悪性脳腫瘍 動脈瘤 頚部内頚動脈狭窄 脳梗塞 顔面痙攣・三叉神経痛 下垂体腫瘍

良性脳腫瘍

良性脳腫瘍は治療すべきか経過観察でもよいかを年齢や症状・全身状態を含め判断し,治療となれば全摘出を心がけています。手術にて障害が出やすい部位は特に注意が必要です。術前に機能的MRIで腫瘍と手足を命令する部位などの関係をさぐり,術中は神経障害を未然に示す神経モニターを使用しています。また摘出で障害出現が予想される時は,残存腫瘍に術後定位放射線治療を追加することもあります。腫瘍に流入する血管が多い場合は術中大出血の危険もあるため,術前に腫瘍血管塞栓術という血管内治療を行うことで出血量を抑えています。

良性腫瘍の手術前

手術後

外来診療時間

午前8時30分~午後5時15分

※初診の方はかかりつけ医の
 紹介状を持参してください。
※予約の無い方の受付時間
 午前8時30分~午前11時
休診日
土曜,日曜,祝日,年末年始
(12月29日から1月3日)
面会時間
11時~13時まで(平日)
15時~20時まで(平日)
11時~20時まで(土・日・祝日)

〒734-8530
広島市南区宇品神田一丁目5番54号
TEL(082)254ー1818(代表)

①③⑤番

「県病院前」下車徒歩3分

広電バス 12号

「県病院前」下車徒歩1分

広島バス 31号

「県病院前」下車徒歩1分